実力的にNO. 1はマジックタイムだろう。

しかし、ここは牝馬の1戦。

荒れていただきましょう(笑)

本命は牡馬相手にいいレースをしてきた良血サングレアル。抽選対象でありながら、この馬の為に遠征した岩田騎手に掛けてみたくなりました。

枠順も良く、オークスの権利を見事獲得してもらいましょう。


3連復フォーメーション

1頭目  2

2頭目  5.6.7.16

3頭目  1.3.5.6.7.8.16



【2014/04/27 13:49】 | 競馬
トラックバック(0) |

京都1600mはディープインパクト産駒の庭

上位4番人気がディープインパクト産駒なら逆らう手はない

それでも上位4頭ボックスの買い目は買わない

もしそれで決まれば・・・ごめんなさいm(__)m


3連復フォーメーション

1頭目  4.5.6.12

2頭目  4.5.6.12

3頭目  7.8.10.11


過去10年のデータから7.8番は該当しないが血統面から押さえておく。


ちなみに私はピンポイント馬券として下の3連単を買うので参考まで


3連単フォーメーション

1着  4.5.6

2着  4.5.6

3着  10.11

(2.3着裏表)



【2014/04/27 13:35】 | 競馬
トラックバック(0) |

今日は久しぶりにWIN5を買おうと思います

京都10R 3.6

東京10R 1.10.11

福島11R 1.5.6.9.13

京都11R 5.6.11.12

東京11R 2.7.8.16

120点

頼むよ~



【2014/04/27 12:04】 | 競馬
トラックバック(0) |

過去10年、例外なく3着以内馬30頭に満たされた条件がある。

●近3走内でOP1600m以上で連対

●過去G1連対経験馬


今年、これに該当する馬は

内から

サンカルロ
ワールドエース
フィエロ
オースミナイン
カオスモス
レッドアリオン
エキストラエンド
ラトルスネーク
サワノパンサー




【2014/04/27 08:00】 | 競馬
トラックバック(0) |
やられました~

フジキセキ、初めてその産駒が皐月賞を制しました。なんとも歴史的勝利!恐れ入りましたm(__)m

18番を穴馬で拾っていただけに、いつも通りのフォーメーションなら・・・

蛯名騎手、初皐月賞制覇おめでとうございます



【2014/04/20 15:53】 | 競馬
トラックバック(0) |
皐月賞馬になる条件を3つ。

05年以降


●前走の時点で皐月賞出走を決めていた。収得賞金が1000万以上が目安(全9頭)

●前走1800~2000m1着馬(9頭中8頭)
   例外は逃げ切ったキャプテントゥーレ(4着)

●スタミナ&底力を備えた血統背景(全9頭)


ここまでで該当するのは・・・

トーセンスターダム
トゥザワールド

この2頭どちらかが皐月賞馬になる可能性が高い。

ワンアンドオンリーも侮れない。前走ハナ差は勝ちに等しいともいえる。

イスラボニータはフジキセキ×コジーンでスタミナ色が薄い上に関東馬。昨年関東馬ロゴタイプが一矢報いたが、基本的に関西馬が有利。


ここでトーセンスターダムとトゥザワールドを考えると皐月賞向きなのはコース経験、血統背景、データ上からもトゥザワールドか。但し、能力ではトーセンスターダムの方が上だと思っている。

ワンアンドオンリーも脚質から1枠1番はきになるところで勝ちきるまではどうだろう。

穴馬候補には

アデイインザライフ
アドマイヤデウス
ロサギガンティア
ウインフルブルーム

を挙げる


気になるところでは
2歳王者アジアエクスプレスは距離延長がやはり気がかりだ。血統背景からも近2走よりもパフォーマンスを落とす可能性が高い。

キングスオブザサンは父ナスルーラ系。95年以降(0-0-2-32)ナスルーラ系は大不振で3着2頭は4戦4勝だったフサイチホウオウと4戦3勝だったジャングルポケット。共に2番人気だったことを考えればキングスオブザサンが穴をあけるのは厳しい。



結論

3連単フォーメーション

1着  17
2着  1,7
3着  5,6,11,18

1着  1,7
2着  17
3着  5,6,11,18

1着  17
2着  5,6,11,18
3着  1,7

24点




【2014/04/20 14:06】 | 競馬
トラックバック(0) |

まずはアンタレスSを難なく的中!

これで明日の皐月賞に弾みをつけることができました。


堅い決着だった桜花賞の分も取り返しましょう(笑)


●中山2000mは中山は勿論、阪神2000mでの実績も生かされる。やはり内回り、重い芝、直線急坂と共通点が多いからだろう。

中山、阪神2000m重賞3着以内もしくは若葉S連対馬、これに該当する馬は04年以降3着内馬27頭中20頭がそれにあたる。現在9年連続連対中、09年以外は2頭以上が馬券圏内。

今年、これに該当する馬は

アデイインザライフ
アドマイヤデウス
ウインフルブルーム
キングスオブザサン
トゥザワールド
ワンアンドオンリー


●前走プラス体重で出走していた馬は期待ができる。余裕残しでの前走からの上がり目があるということだろう。04年以降10年連続で連対中なのだ。

該当馬は

イスラボニータ
クリノカンパニー
スズカデヴィアス
トーセンスターダム
バウンスシャッセ
ワンアンドオンリー



【2014/04/19 21:22】 | 競馬
トラックバック(0) |

ここでは二ホンピロアワーズは勿論有力だが、年齢や近走の成績を考え3番手評価に。


中心はエアハリファとナムラビクター。


3連複フォーメーション

1頭目  8,10
2頭目  8,10,12,13
3頭目  1,11,15,16

20点



【2014/04/19 13:00】 | 競馬
トラックバック(0) |

基本買い目

3連複フォーメーション

1頭目  18
2頭目  6,9,10,12
3頭目  6,14,15,16

計15点



勝負の3連単フォーメーション

1着  18
2着  9,10,12
3着  6,14,15,16

1着  18 
2着  6,14,15,16
3着  9,10,12

1着  18 
2着  6
3着  14,15,16

1着  18
2着  14,15,16
3着  6

計30点








【2014/04/13 13:00】 | 競馬
トラックバック(0) |
桜花賞はハープスターの単複以外で勝負するなら、他の馬も買わなくてはなりません。


そこでポイントを2つ

●牡馬混合の芝マイル重賞で好走

ハープスターともう1頭はホウライアキコ。


しかし気になる馬がもう1頭、レッドリヴェール。札幌2歳S(1800m)1着の価値は高い。牡馬混合の芝1800m重賞1着馬の出走は外回り施行となった07年以降初めて。



●チューリップ賞組

前走チューリップ賞組は外回り施行となった07年以降(5-3-3-17)
勝率18%、連対率30%、複勝率40%

今年の該当馬は4頭

ハープスター
ヌーヴォレコルト
リラヴァティ
シャイニーガール



最後に、ここに馬名は載せないが買い目に入るべき穴馬が存在する。要注目の1頭であり、明日の買い目公開時に馬番で発表する事になります。


買い目公開は13:00~15:00です。




【2014/04/12 23:28】 | 競馬
トラックバック(0) |

さあ、やってきましたね。

牝馬クラッシック第一弾、桜花賞!!

まずは的中をしたいところです。



その的中に最も関わるであろう、その名もハープスター。

皆さんも、この馬が来るのか来ないのか・・今回はそこから馬券を考えると思います。


これから記述するデータを元に考えれば答えは見つかるかもしれません。


●ディープインパクト産駒

これまでの桜花賞の成績(3-2-0-4)
現在3連覇中、2年連続ワンツーフィニッシュ

今年、ディープ産駒はハープスターのみ。


●牡馬混合の芝マイル重賞での馬券圏内に好走

外回り施行となった07年以降(3-1-0-3)
勝率43%、連対率57%

今年は該当馬2頭、内1頭はハープスター


●阪神外1600m~1800mにおいて

単勝1倍台のディープ産駒(28-9-2-2)
勝率68%、連対率90%、複勝率95%

もはや神がかり的な数字。



不利だと言われている阪神外1600mの大外枠。

本日のレースを見ている限り枠順の有利不利はないでしょう。

あとは届くか届かないか、とはいっても1着か2着の意味合いですけど(笑)









【2014/04/12 22:41】 | 競馬
トラックバック(0) |

これまた厄介なレースですね(笑)


トリップ
レッドアリオン
コディーノ
プリムラブルガリス
インプロヴァイス
マウントシャスタ
カオスモス
ブレイズアトレイル

この8頭で勝負!


3連複フォーメーション

1頭目  4,5,11,13

2頭目  4,5,11,13

3頭目  7,9,14,16



馬連フォーメーション

1頭目  4,5,11,13

2頭目  7,9,14,16


40点







【2014/04/06 12:37】 | 競馬
トラックバック(0) |

久しぶりのブログ更新です。

今日は気合を入れましょう(笑)


まずは大阪杯!

さすがは大阪杯、豪華なメンバー構成となりました。が、絶対的軸馬が存在します。それは・・・


エピファネイア


このレース、社台グループ生産の4,5歳馬の好走率が非常に高く、01年以降11回中10回で連対しており、崩れたのは10年のシェーンヴァルトのみ。同馬はG1実績不足であった。今年はエピファネイア1頭のみ該当馬となっており極めて高い確率で連対するだろう。ちなみにカレンミロティックも社台だが6歳馬である。



そしてもう1頭の注目馬 


キズナ


勿論この馬も有力。前走<古馬牡馬混合G1>で掲示板&単勝5倍以内なら01年以降(4-2-1-0)。こちらも該当馬はキズナのみで凡走は考えにくいが、凡走した2回が共に内回り(ラジオNIKKEI杯3着、弥生賞5着)ということもあり番手評価。とはいえ新馬の時から言っているが、この2頭は強い!!



最大の注目が何と言っても


メイショウマンボ


しかし結論から言うと・・・無印。大阪杯の歴史で86年以降、牝馬は(2-1-2-32)。勝ったのはエアグルーヴ、ダイワスカーレットの歴史的名牝2頭。共に圧倒的1番人気(1.2倍、2.0倍)だった。2着1頭はメジロドーベル。同馬はすでに牡馬G2勝ちの実績を持っていた。前走牝馬限定戦だった馬は(0-0-0-11)、前走エリザベス女王杯も例外ではない。現在6戦連続牝馬限定戦のメイショウマンボ、強豪牡馬と対戦したことがないのはかなりのマイナス。



2年連続好走のショウナンマイティ。年齢は重ねた上、ここ2走の着順が思わしくない。が、今回の条件は合っておりラスト煮の爆発力は同馬が1番といってもいい。意外に重馬場でもいける筈だ。



買い目

3連単フォーメーション

1着 4

2着 2,7

3着 2,7,8



1着 2,7

2着 4

3着 2,7,8


8点


とは言え、2,4,7で決まりそうな予感・・・・









【2014/04/06 10:24】 | 競馬
トラックバック(0) |