ポイントは余力。前走までの収得賞金がダービーに出られるだけの賞金があれば余力があるという事。勿論、賞金のない馬は前走で仕上げて権利獲りを目指す。それぐらいダービーには出たいのである。しかし、好走するとなると話は別である。それが余力なのである。近7年を見ても勝ち馬は全馬、2、3着馬も14頭中11頭が余力があった。具体的には前走時で収得賞金2000万以上は必要。この条件をクリアしていなかった3頭は前走楽勝であったが今年は該当馬はいない。

では、今年のクリア馬は・・・

ロゴタイプ  

コディーノ

タマモベストプレイ

エピファネイア

キズナ

メイケイベガスター

テイエムイナズマ


ここまでで7頭立て。



はたして今年の日本ダービーの結果は・・・






【2013/05/26 11:13】 | 競馬
トラックバック(0) |

3連単2頭軸マルチ

軸 5、13

相手 2、4、9、17、18




馬連フォーメーション

1頭目 5、13、17

2頭目 2、4、5、9、13、17、18



【2013/05/19 13:20】 | 競馬
トラックバック(0) |
◎エバーブロッサム
○スイートサルサ
▲デニムアンドルビー
☆トーセンソレイユ
△ローブティサージュ
注ブリュネット
注アユサン


本命はエバーブロッサム。血統的にも問題ない上に社台関係馬。不安が無いわけではないが気持ち的には押し出された本命。


対抗はスイートサルサ。非社台だが今回の相手なら何とかなる。それだけ血統面で評価出来る。血統順なら本命。


続いてデニムアンドルビー。こちらは押し出された1番人気か。勿論、社台関係馬であるが血統面で◎にやや劣る。


トーセンソレイユは桜花賞で無印だったが今回は条件が一変する。血統的に問題ないなく人気急落で迷わず買い。


ローブティサージュは昨年の2歳女王。当時本命馬が桜花賞は無印で今回は勝負。ちなみに阪神JFが外回りになってからの2歳女王のオークス成績(3-0-0-0)


ブリュネットは歴代のオークスの穴馬に激似している。前走ぐらい走っても不思議はない。現在15番人気、買うなら今でしょ!?


最後にアユサン。血統的には問題ない上に桜花賞馬。桜花賞のレベルがどうかと言う前にそのレースの1着。マイル傾向に偏っているが、それより敵は社台関係馬か。




【2013/05/19 13:14】 | 競馬
トラックバック(0) |
まずは今年のオークスは荒れる要素たっぷり。

週中に色々な事を書いてきましたが、今年は当てはまらない事が多いと判断。その理由に今年の桜花賞のレベルに疑問、さらに近年の勝ち馬の条件を満たす馬がさっぱりしない……

勿論、桜花賞で勝利を逃した社台がここを取りにくるのは目に見えているが、各馬のデータ、臨戦過程からも今年は大波乱になってもおかしい。


という事で、今年のオークスは桜花賞組以外を中心に考えてみようと決断しました。


次号で最終見解と買い目を紹介します。



【2013/05/19 09:23】 | 競馬
トラックバック(0) |
まずは
◎トウショウフリーク

久しぶりに武豊を本命に指名。

同馬は「休養明け初戦~2戦目」は崩れたことがなく、デビュー以来
(4-1-2-0)


ちなみに「叩き2戦目」は、重賞2着を含む
(2-1-0-0)


「4角先頭」で通過すれば、
(6-3-1-1)
と抜群の安定感を誇る。

唯一の凡走は出遅れた昨年の東海Sのみ。




○は素直にニホンピロアワーズ

京都ダ1800~1900Mは
(3-4-2-0)


勿論、本命にしても何ら不思議ない。言うならばあえて対抗ぐらいの感じ(笑)



以下

▲ソリタリーキング
☆トミケンアルドール
△アントニオピサ
△ナイスミーチュー
注マルカプレジオ
注ハタノヴァンクール



注ハタノヴァンクールに関して…

現在3年連続で前走地方交流からの参戦は
(0-0-0-7)


特にハタノヴァンクールは3戦連続地方競馬に参戦。中央のスピードに戸惑うかも……




買い目

3連単2頭軸マルチ

1、9

相手
3、7、10、11、16



3連複フォーメーション

1頭目 1

2頭目 5、9、10

3頭目 3、7、10、11、16




【2013/05/18 12:59】 | 競馬
トラックバック(0) |

明日のオークスの資金調達に最適!?


京都10レース

馬連

6-2、3、4、5、7、9



【2013/05/18 10:39】 | 競馬
トラックバック(0) |
今回は血統について少し。


近年のオークスは母父の血統に非常にはっきりと傾向が表れている。



それは「母父ノーザンダンサー系」が圧倒的優勢だということ。

特に勝ち馬には欠かせない条件となっている。

世界的主流血統が「母父」に入ることで、クラシックディスタンス(2400M)で要求される「底力」が補強されているのだ。


逆に言えば、母父がノーザンダンサー系ではない馬は、人気を裏切るケースが非常に目立っている。


近3年のオークスにおいて、5番人気以内で馬券圏外に敗れた馬は10頭存在しているが、
内9頭は母父がノーザンダンサー系ではなかった。



あまりにはっきりとした傾向、オークスで明暗を分けるのは「母父」であると言っても言い過ぎではないかもしれない。


好走馬のほとんどは母父が「ノーザンダンサー系」
人気を裏切っている馬のほとんどは母父が「非ノーザンダンサー系」



では、今年の出走馬で、母父ノーザンダンサー系は


アユサン
エバーブロッサム
スイートサルサ
トーセンソレイユ
ブリュネット
ブリリアントアスク
ローブティサージュ




【2013/05/17 23:02】 | 競馬
トラックバック(0) |
前号で書いた好走条件に基づくと、過去5年例外がないと書いた。

もう少しひもといてみる。


15頭中14頭が社台関係馬であることから、条件を満たす馬であっても非社台馬にとっては孤独かつ過酷なレースになることは想像に難しくない。


勿論、非社台馬が上位人気馬であっても好走は難しい。


上位5番人気以内をみても、過去5年で条件を満たした非社台馬は6頭いたが好走したのは前号で書いたホエールキャプチャのみ(3着)。


今年の該当馬は

アユサン
クロフネサプライズ


あたりになると予想出来るが、馬券圏内に入る事が極めて困難な状況である。それほど社台が猛威を奮っているのだ。



ただ、社台関係馬であっても条件を満たし馬券圏外になった馬も3頭いるが、内2頭は4着(マルセリーナ、アイムユアーズ)残りの1頭はソーマジックの8着だが、明らかに血統的な問題があった。掲示板を外したのはこの1頭。


どちらにしても社台関係馬で条件を満たす馬はかなりの確率で好走する筈である。


裏を返せば、好走条件を満たしていない社台関係馬は軽視出来る。勿論、馬券圏内に入った馬はいない。


ローブディサージュやトーセンソレイユもこのグループに入るのだ。



【2013/05/15 22:27】 | 競馬
トラックバック(0) |
近年のオークスはある傾向が出ている。その傾向を探ってみると意外と馬券対象馬が絞れる。


桜花賞が外回り施行となってからの、過去5年を見ていく。



★桜花賞で馬券圏内

★桜花賞で馬券圏外も1番人気に支持された馬

★桜花賞組以外なら前走OPクラスで人気に応えての馬券圏内(人気薄の一発ではなく上位人気に応えての好走)


これらの条件は過去5年で例外は1頭もいない。

さらに上記好走馬15頭中14頭が、社台グループの生産馬。

非社台で好走したのは、11年2番人気3着ホエールキャプチャただ1頭。



★桜花賞で馬券圏内

アユサン(下河辺牧場)
レッドオーヴァル(社台F)
プリンセスジャック(タバタF)


★桜花賞1番人気

クロフネサプライズ(上村清志)


★前走OPクラスで上位人気に応えての好走

デニムアンドルビー(ノーザンF)
エバーブロッサム(社台F)
サクラプレジール(新和牧場)
リラコサージュ(ケイアイF)




【2013/05/14 20:09】 | 競馬
トラックバック(0) |
前走牡馬混合のマイル戦で0.6差以内に好走していた馬は、
06年以降
(3-0-3-5)


やはり牡馬相手に好走した馬は牝馬同士になると相手関係が楽になるのだろう。


今年の出走予定馬18頭の中で、前走牡馬混合のマイル戦で0.6差以内に好走していた馬は、


ドナウブルー
前走マイラーズC0.5差


レインボーダリア
前走マイラーズC0.3差


ヴィルシーナはマイル戦ではなかったものの、
大阪杯で「G1級の牡馬」と戦った経験は非常に大きい。




【2013/05/12 08:32】 | 競馬
トラックバック(0) |
新設されてから過去7年の連対馬14頭中11頭が、競走馬としてのピークを迎える「4歳馬」

当レースは明らかに「4歳馬中心のレース」


その中でも、阪神JFや牝馬3冠で好走していた4歳馬、もしくは近2走内に重賞勝利の「勢いのある4歳馬」に注目。


そして5歳以上。連対圏に食い込んだ5歳以上馬は3頭のみ。

11年1番人気2着ブエナビスタ
09年1番人気1着ウオッカ
06年2番人気1着ダンスインザムード

言うまでもなく、
3頭全馬「歴史的名牝」

牝馬にとって好走が極めて厳しい「牡馬混合の2000超G1」で、近1年内に好走していた「女傑」である。

このくらいの馬でないと、Vマイルでは「4歳馬の瞬発力」に太刀打ちできないのだ。


明らかに「格上」だったブエナビスタでさえ、
アパパネに負けてしまうレースなのである。



今年の4歳馬は

アイムユアーズ(阪神JF2着、桜花賞3着)

アロマティコ(秋華賞3着)

イチオクノホシ

サウンドオブハート(阪神JF3着、前走阪神牝馬S1着)

ジョワドヴィーヴル(阪神JF1着)

ハナズゴール(前々走京都牝馬S1着)

ヴィルシーナ(桜花賞2着、オークス2着、秋華賞2着)



【2013/05/12 07:09】 | 競馬
トラックバック(0) |
このレースで狙うは非SS系。



◎シャイニーホーク
○レオアクティブ
▲フラガラッハ
☆テイエムオオタカ
△トライアンフマーチ
注サダムパテック



本来サダムパテックは狙いにくい。当レースの1番人気馬の成績は、
00年以降
(0-0-2-11)


しかし、すでに「古馬マイルG1」を勝っていた1番人気は過去にいなかったので、サダムパテックがこれまでの1番人気と違うことは確かである。



買い目

馬単、馬連フォーメーション

1着
2、7、10

2着
2、3、7、10、14、17




【2013/05/11 13:49】 | 競馬
トラックバック(0) |
東京 9R

3連単フォーメーション

1着 6

2着 2,5,7,11

3着1,2,4,5,7,9,11





京都11R

3連複

1,16→2,3,7,8,12,17

5,16→2,3,8,17

6,16→2,8,12,17

7,16→2,3,8,12,17



【2013/05/11 07:17】 | 競馬
トラックバック(0) |
◎サクセスパシュート
○ダコール
▲ダノンヨーヨー
☆アドマイヤタイシ
△サトノアポロ
注ナカヤマナイト
注ヴェルデグリーン



馬単フォーメーション

1着
3、4、12

2着
1、2、3、4、7、12、16




【2013/05/05 14:36】 | 競馬
トラックバック(0) |

◎コパノリチャード
○ガイヤースヴェルト
▲ゴットフリート
☆レッドアリオン
△ストーミングスター
注エーシントップ
注ザラストロ




馬単フォーメーション

1着
7、9、10

2着
2、3、6、7、9、10、15



【2013/05/05 12:34】 | 競馬
トラックバック(0) |
勝負馬券

3連単2頭軸マルチ


5、9から

4、8、10、11





基本馬券


3連複フォーメーション

1頭目 5

2頭目 1、6、9

3頭目 4、8、10、11




馬単フォーメーション

1着 5、9

2着 4、8、10、11



【2013/05/04 14:36】 | 競馬
トラックバック(0) |
言うまでもなくキズナが能力的に一枚も二枚も抜けている。


しかし、目標はダービーであり尚且つ脚質が追い込みという事を考慮して敢えて2番手。



本命は同じディープインパクト産駒でもリグヴェーダ。

鞍上岩田は当レースに滅法強く、06年以降
(2-2-1-2)

6番人気以内では
(2-2-1-0)



ちなみに父に春天馬を持つ馬が、「5番人気以内かつ15倍未満」に支持されると、

過去5年で
(4-2-2-0)

勝率50%、連対率75%、3着内率100%



迷わずこの2頭を3連単の2頭軸マルチとする。


◎リグヴェーダ
○キズナ
▲ハッピーモーメント
☆マズルファイヤー
△ライジングゴールド
注ペプチドアマゾン
注アクションスター




【2013/05/04 14:32】 | 競馬
トラックバック(0) |