このページでは血統について述べていこうと思う。

この事項はかなり重要になると思われるので一度目を通しておいて損はないずである。


中山芝1600Mはかなりタフなコースであることはよく知られているが、それは血統にも表れている。


活躍の多い馬名を挙げてみる。


ロベルト系(特に父)

ニジンスキー

トニービン



特に今開催の中山で爆発しているのが・・・人気ブログへ



この血を3代内に持つ馬には要注意である。


日曜日は雨予報も気になるが、この血に限っては間違いなくプラスとなり更に威力が増す。



にほんブログ村競馬ブログへ" /></a><br /><ahref=


【2013/03/29 23:29】 | 競馬
トラックバック(0) |
中3週以内でハンデ54~56キロ馬

が毎年のように好走しているのもこのレースの特徴である。


その成績

11年阪神開催を含む過去10年で、
(6-3-3-7)

勝率32%
連対率47%
3着内率63%


しかも全て7番人気以下の馬たちでの成績である(但し、単勝40倍未満)。


単回収率595%
複回収率348%



恐るべき数字である。ただし中山マイルの大外枠は不利なので「8枠」を除く。



今年の出走予定馬の中で、
中3週以内でハンデ54~56キロの馬は、


ダンツホウテイ
オセアニアボス
ムクドク
リルダヴァル
ネオヴァンドーム
ホーカーテンペスト
トウケイヘイロー


8枠以外で、
単勝40倍未満の7番人気以下には要注意。





【2013/03/28 07:14】 | 競馬
トラックバック(0) |
前走、芝1600M以下の中山や阪神で「上がり2位以内」


この条件をクリアしているだけで、ダービー卿CTでの好走率が高い。


その成績は
過去10年で

(5-2-2-12)

勝率24%
連対率33%
3着内率43%



なんと好走した9頭中7頭が「7番人気以下」
内4頭が「二桁人気」という大穴。



ちなみにこのレース、1番人気は中山開催の過去10年で

(1-0-1-8)

わずか1連対という散々たる成績。この1連対は09年タケミカヅチであるが上記の条件を満たしていた。



出走予定馬の中で上記条件をクリアしている馬は(除外対象馬を除く)


ホーカーテンペスト
前走中山1600で上がり2位


ムクドク
前走中山1600で上がり最速




【2013/03/27 22:53】 | 競馬
トラックバック(0) |
本命10番
グラッツィア


3連複フォーメーション

1頭目 10

2頭目 1、3、15、16

3頭目 2、4、5、6、7、8、11、13、14


(36点)



【2013/03/24 13:41】 | 競馬
トラックバック(0) |
◎ロードカナロア
○ハクサンムーン
▲サクラゴスペル
☆ツルマルレオン
△モンストール
注ダッシャーゴーゴー
注マジンプロスパー



本命は迷わずロードカナロア。特にいう事はないだろう。


対抗馬にハクサンムーンを指名した。これはあくまでも賭けみたいなものだ(笑)

ちなみに前半3ハロン33.5以上でいけば(3-0-0-0)、それ以下なら(0-0-0-4)

人気馬で買うのはサクラゴスペルのみ。サンカルロは届かないと見た。ドリームはスプリンターズSで本命にしたがそれでも3着。最高の条件だった場で3着なら逆転は難しい。



大穴はツルマルレオンとモンストール。臨戦過程と血統的に魅力十分。



最後にダッシャーゴーゴー、マジンプロスパーはオッズ的に怪しい……




買い目

3連単(もしくは3連複)

1着固定 11


相手はマルチ
6、7、8、13、15、17

30点(15点)



【2013/03/24 13:22】 | 競馬
トラックバック(0) |
阪神 9R
6番ラスヴェンチュラス

3連複2頭軸
4,6→3,7,8,9

5,6→1,3,7,8,9

6,9→1,3、7,8
(13点)





阪神12R
2番コリンブレッセ

3連複2頭軸

2,6→3,5,8,9,13,16

2,7→3,4,8,9,16

2,14→3,4,5,8,9,13,16
(18点)



本命馬はいつもくるんだけどね~(苦笑)



【2013/03/24 07:03】 | 競馬
トラックバック(0) |
明日の中山メインレース

マーチS


の注目馬(軸馬の予定)を公開しておきます。


この馬を軸にする以上、荒れてもらわないと困りますね(笑)

その軸馬は・・・人気ブログへ





そして高松宮記念の注目馬を3頭紹介しておきます。


その馬とは・・・ブログ村へ




にほんブログ村競馬ブログへ" /></a><br /><ahref=


【2013/03/24 06:23】 | 競馬
トラックバック(0) |
本日自信の勝負レースとします。

2000メートル時代から1800メートルに変わったが依然継続されている強力事項がある。


☆前走重賞0.3以内好走(10-1-5-10)
現在6連勝、該当馬キズナ

☆ノーザンF生産馬(6-5-4-9)
該当馬コメットシーカー、ラブリーデイ、ガイヤーズウ゛ェルト
ちなみに5番人気以内(6-4-4-5)
2番人気以内(6-1-3-2)

☆1800メートルになってから4番人気以下での好走馬はすべてキャリア4戦以上
該当しない馬アドマイヤツヨシ、ガイヤーズウ゛ェルト、サトノキングリー、タイセイウインディ

☆前走6番人気以下(2-0-0-40)
該当馬アドマイヤツヨシ、タイセイウインディ、バッドボーイ

☆前走条件戦敗退馬(0-0-1-20)
該当馬アーマークラッド、アドマイヤツヨシ、ガイヤーズウ゛ェルト、サトノキングリー、ピュアソルジャー

☆前走<上がり6位以下>の馬(0-2-0-37)
連対2頭は逃げ馬だが、1800メートルになてからは(0-0-0-20)
該当馬テイエムイナズマ、バッドボーイ、ラブリーデイ



これにより

◎キズナ
○コメットシーカー
▲オメガキングティー
☆サトノキングリー
△ラブリーデイ
注ピュアソルジャー



3連単2頭軸マルチ

軸 6、10

相手 2、7、11、12



馬連フォーメーション

1頭目 6、10

2頭目 2、7、11、12



オメガキングティー以外はマイナス要素が存在する。しかし、血統面から浮上したサトノキングリー、ピュアソルジャー。そしてノーザンFのラブリーデイは相手に入れる。




【2013/03/23 13:41】 | 競馬
トラックバック(0) |
やはりトッリキーな中山2500メートル。

血統面、実績面から好走馬を搾り出す。


☆父がマイナー血統

☆3代内にリファール系(特にダンシングブレーウ゛)

☆使い詰めの馬(休み明けから5戦以上)

☆中山非根幹距離実績2200メートル以上



これらより

◎トランスワープ
○オーシャンブルー
☆ロードオブザリング
△カポーティスター
注アドマイヤフライト
▲フェノーメノ


3連単2頭軸マルチ

軸 9、13

相手 1、2、8、14



馬連フォーメーション

1頭目 9、13

2頭目 1、2、8、14



最後にフェノーメノについて


▲ながら最後に書いてあるのには理由があります。勿論、このメンバーなら実績最上位だが、父ステイゴールドではなく母デインヒルの血が濃いと思われる。デインヒルといえばファインモーション、エアエミネムが代表で2000メートルのスペシャリストだ。よってアッサリ凡走する可能性も否定出来ない。



【2013/03/23 12:55】 | 競馬
トラックバック(0) |

阪神 8R
8番ジャマイカジョー

3連複

6番8番→1,2,4,7,11,16番

8番12番→1,2,4,7,11,14,16番

8番14番→1,2,7,11,16番



【2013/03/23 12:30】 | 競馬
トラックバック(0) |
★勝馬

両G1の過去10年の勝ち馬20頭中、16頭が「4番人気以内」で占められている。


伏兵馬の下剋上はほとんど起こっていない。


5番人気以下で勝ったのは、

10年スプリンターズS
ウルトラファンタジー
10番人気1着

09年スプリンターズS
ローレルゲレイロ
6番人気1着

04年スプリンターズS
カルストンライトオ
5番人気1着

03年スプリンターズS
デュランダル
5番人気1着


後に歴史的名馬となるデュランダル以外の3頭は、
「逃げ切り勝ち」であった。



5番人気以下で勝てる可能性があるとすれば、
「逃げ切り」のみと言っても過言ではないのが、これまでのスプリントG1の歴史である。


10年以上前を見ても、
13年前のスプリンターズSで16番人気ダイタクヤマトが勝っているが、

同馬も「逃げ切り」であった。

ちなみに高松宮記念では、
5番人気以下で勝った馬は00年まで遡っても1頭もいない。



★キャリア

過去10年のスプリントG1において、7番人気以下で連対した馬は4頭のみだが、3着まで広げると3着馬は10頭、
つまり7番人気以下で馬券圏内に食い込んだのは計14頭。

この穴をあけた馬たちを見てみると、

スプリントG1で穴をあけるパターンとは、
「キャリアが少ない馬」である。


過去10年、
7番人気以下でキャリア30戦以上だと、
(外国馬除く)

(0-0-0-82)

穴をあけた馬は1頭もいない。


さらに過去10年、
7番人気以下でキャリア26戦以上だと、
(外国馬除く)

(0-0-1-98)


今年の出走馬の中で、
7番人気以下が予想される「キャリア26戦以上馬」は、

シルクフォーチュン
スギノエンデバー
ミキノバンジョー



参考にしてください。




【2013/03/22 23:07】 | 競馬
トラックバック(0) |
今回は久しぶりのブログ更新、そしてG1という事もありスペシャルバージョンといきましょう。

★リーディング上位種牡馬

1位サクラバクシンオー
2位アドマイヤコジーン
3位クロフネ
4位アグネスタキオン
5位キングカメハメハ


高松宮記念出走馬を当てはめてみると、

1位のサクラバクシンオー産駒は2頭、
スギノエンデバーとダッシャーゴーゴー。

2位のアドマイヤコジーン産駒はマジンプロスパー。

5位のキングカメハメハ産駒は3頭、
ロードカナロア、アドマイヤセプター、フィフスペトル。




★枠順

1枠→連対3回(連対率6%)
2枠→連対3回(連対率6%)
3枠→連対3回(連対率6%)
4枠→連対7回(連対率13%)
5枠→連対5回(連対率9%)
6枠→連対6回(連対率11%)
7枠→連対16回(連対率21%)
8枠→連対15回(連対19%)


末脚が活きる新装中京、芝1200Mも「差し馬」の期待値が高いが、今開催の中京芝は「先行馬」も残る傾向にある。

今開催の中京芝レースは先週まで全22鞍、
内16鞍で「3角5番手以内」で通過した馬が連対。


基本的には「差し馬優勢」のコースだが、
今開催の傾向から高松宮記念は「前」もケアすべき。




★ローテーション

最も多くの連対馬を輩出しているのが「阪急杯組」

もちろん出走数が最も多いが、昨年まで13年連続で連対。

なんと不発に終わった年は一度もない。一昨年の高松宮記念は阪神、昨年は新装中京で施行されたが、やはり阪急杯組がしっかりと連対。

阪急杯は06年から距離が1400Mに延びたが、
傾向は変わっていない。

高いレベルの前哨戦ということに加えて、「中3週」というローテーションが絶妙。


今年の登録馬の中で阪急杯組(上位)は、

ロードカナロア
マジンプロスパー
サンカルロ
スギノエンデバー
エピセアローム




★人気

過去10年の「スプリンターズS&高松宮記念」の連対馬40頭中、実に36頭が「6番人気以内」で占められている。

連対占有率は「90%」


7番人気以下という人気薄は連対わずか4頭。


11年スプリンターズS
パドトロワ
9番人気2着

10年スプリンターズS
ウルトラファンタジー
10番人気1着

07年高松宮記念
ペールギュント
13番人気2着

06年スプリンターズS
メイショウボーラー
10番人気2着


4頭中3頭はスプリンターズS、
そしてこの3頭は「内枠の逃げ、先行馬」

パドトロワ、ウルトラファンタジーは、
「4角先頭」で通過していた。

高松宮記念ではこのタイプの人気薄は、
これまで1頭も連対していない。





高松宮記念2へ




【2013/03/22 21:11】 | 競馬
トラックバック(0) |
阪神大賞典
3連複フォーメーション
1頭目 7

2頭目 1、6、8

3頭目 2、3、4、5、9


ゴールドシップで仕方ない。但し、人気馬同士では決まらない……はず(笑)



スプリングS

馬単フォーメーション

1着
6、13、16

2着
4、5、6、11、13、16



◎アクションスター
○マンボネフュー
▲アドマイヤオウジャ
☆ヘルデンテノール
△マイネルストラーノ
注ロゴタイプ




【2013/03/17 14:10】 | 競馬
トラックバック(0) |
まずは昨日は3戦2馬券でしたね。

メインを外したのは悔やまれますm(_ _)m



それでは本日の注目馬といきましょう



3月17日(日)

阪神 2R
サクセスカッシーナ


阪神11R
ゴールドシップ


今日は2戦2勝じゃないですか~(笑)




そして今日の勝負レース

スプリングS


本命馬、対抗馬は・・・・人気ブログへ



買い目は後ほど公開。



にほんブログ村競馬ブログへ" /></a><br /><ahref="http://horserace.blogmura.com/


【2013/03/17 09:13】 | 競馬
トラックバック(0) |
3月16日(土)

明日の注目馬を挙げておきましょう。


高確率で馬券に絡む筈です。



阪神 2R・・・人気ブログへ


中山 7R・・・ブログ村へ


中山11R・・・ブログランキングへ





にほんブログ村競馬ブログへ" /></a><br /><ahref=



【2013/03/15 22:30】 | 競馬
トラックバック(0) |
今週は4重賞と楽しみが多いですね。

そこで今週はどのレースを勝負レースにするか迷いましたが……


勝負レース・・・人気ブログへ

やはりオッズ的にも妙味ありですからね(笑)


ちなみに馬連もしくは馬単4点以内で勝負予定です。


その中で、ここで軽視する馬・・・ブログ村へ



今回3頭いますよ~


ではまた明日



にほんブログ村競馬ブログへ" /></a><br /><a href=


【2013/03/13 09:49】 | 競馬
トラックバック(0) |
○中山


コナピーベリー:牡

父キングカメハメハ
母スカーレットベル

厩舎:国枝(美浦)

馬主:G1レーシング

生産:ノーザンファーム


セツナ:牡

父ウォーチャント
母ティグレーサ

厩舎:田村(美浦)

馬主:林正道

生産:Ann Lorenson Lynch


○阪神


ナイスキャッチ:牝

父ネオユニヴァース
母ヘルスウォール

厩舎:五十嵐忠(栗東)

馬主:吉田千津

生産:社台ファーム



ラストグルーヴ:牝

父ディープインパクト
母エアグルーヴ

厩舎:藤原英(栗東)

馬主:山本英俊

生産:ノーザンファーム


なんといっても注目はラストグルーヴ。エアグルーヴの子なのでどんな走りをするか楽しみです。



【2013/03/12 07:13】 | 競馬
トラックバック(0) |


3連単フォーメーション

1着 4、5、12

2着 4、5、12

3着 2、3、8


2、3着は裏表。



【2013/03/10 15:04】 | 競馬
トラックバック(0) |
阪神10R

本命馬
2番エアハリファ

1頭目2番
2頭目3,5,11番
3頭目3,5,6,8、9、10,11番
(15点)




中山12R

本命馬
15番ダブルスター

1頭目15番
2頭目2,7,16番
3頭目1,2,7,9、12,13,14,16番
(合計18点)




【2013/03/10 11:41】 | 競馬
トラックバック(0) |
スタートから最初のコーナーまでの距離は443M、先行争いが続いている「2ハロン目」は11秒以下の相当速い区間になる。


その後も緩むことなく、ほぼ11秒台が続く「一貫ラップ」を刻むことになる。


「スピードの持続力勝負」


さらに前半からハイペースな上にゴール前には急坂も控えているので、
ラストはガクンとラップが落ちる年も珍しくない。

最後は「我慢比べ」となる。


阪神1400Mのレースラップの特徴から、末脚自慢は「不発」に終わるケースが多い。


まさにダート的要素を兼ね備えたレースとなる。

そこで、こんなデータがある。

前走芝1400~1600Mで「3角3~9番手」

そして上がりが「3位以下」だった馬は、
過去5年で
(4-3-5-14)

勝率15%
連対率27%
3着内率46%


今年の該当馬は

人気ブログ……一頭目
ブログ村……二頭目



にほんブログ村競馬ブログへ" /></a><br /><a href=



【2013/03/08 22:12】 | 競馬
トラックバック(0) |
阪神


デビルズハーツ:牡

父ハーツクライ
母セルリアンブルー

厩舎:昆(栗東)

馬主:安原浩司

生産:辻牧場

祖母は、96年の中山牝馬Sを勝っている。



エアマデレーン:牝

父ゴールドアリュール
母エアセイレン

厩舎:笹田(栗東)

馬主:ラッキーフィールド

生産:稲原牧場

近親には重賞4勝を挙げたエアエミネムや通算9勝を挙げたアラバンサなどの活躍馬が居る。



にほんブログ村競馬ブログへ" /></a><br /><a href=




【2013/03/07 11:30】 | 競馬
トラックバック(0) |
中山

ニシノヘリオス:牡

父アグネスタキオン
母キャッスルブラウン

厩舎:田村(美浦)

馬主:西山茂行

生産:メイプルファーム
いとこに小倉2歳Sを制したデグラーティア。




ヤマニンレジーナ:牝

父ディープインパクト
母マダニナ

厩舎:栗田徹(美浦)

馬主:土井肇

生産:錦岡牧場

6勝をマークしているヤマニンウイスカーや昨年のラジオNIKKEI賞で2着したヤマニンファラオの半妹。



【2013/03/07 11:00】 | 競馬
トラックバック(0) |
チューリップ賞の1着賞金3400万、Fレビューは1.5倍の5000万。


格式が高い3歳重賞で大きなアドバンテージとなるのは、「キャリア」である。


それは数字に表れている。


05年以降

キャリア4戦以下
(1-1-2-51)

勝率2%
連対率4%
3着内率7%

単回収率3%
複回収率13%

5番人気以内23頭


キャリア5戦以上
(7-7-6-52)

勝率10%
連対率19%
3着内率28%

単回収率163%
複回収率149%

5番人気以内17頭



【2013/03/07 10:00】 | 競馬
トラックバック(0) |
中山12Rの推奨馬

13番 コスモトゥルーラブ  

7番人気  2着 複勝 360円 的中


阪神12Rの推奨馬

2番  クラッシュアゲン

5番人気  2着 複勝 350円 的中




にほんブログ村競馬ブログへ" /></a><br /><a href=




 

【2013/03/06 18:56】 | 競馬
トラックバック(0) |
中山

13番 コスモトゥルーラヴ



阪神

2番 クラッシュアゲン




【2013/03/03 16:00】 | 競馬
トラックバック(0) |

◎エピファネイア
○ヘミングウェイ
▲コディーノ
△キズナ
☆マイネルクロップ
注カミノタサハラ



敢えてヘミングウェイを2番手評価にしたが血統的魅力が溢れている為。頭まであるが凡走も兼ね備えている。


逆にキズナは血統的に頭までは厳しい。ストームキャット系内包馬は弥生賞では勝ちきれない、来ても2着まで。




<買い目>
馬単フォーメーション

1着
3、7、12

2着
3、5、6、7、8、12



しかし、最後までコディーノが1番人気なのか~!?



【2013/03/03 15:29】 | 競馬
トラックバック(0) |
エピファネイア


本番と同じ中山2000Mで施行される、皐月賞トライアル

「弥生賞」

社台が重視しているレースだというのは言うまでもなく、社台のエースであろう馬の勝率は極めて高い。


05年以降の過去8年の弥生賞では、社台グループが必ず1番人気に支持されているが、

その成績は
(6-1-0-1)


1番人気とはいえ凄い数字である。


05年
ディープインパクト1着

06年
アドマイヤムーン1着

07年
アドマイヤオーラ1着

08年
ブラックシェル2着

09年
ロジユニヴァース1着

10年
ヴィクトワールピサ1着

11年
サダムパテック1着

12年
アダムスピーク8着



8頭中6頭が1着で勝率「75%」

敗れたのはOP未勝利だったにもかかわらず、押し出されての1番人気(単勝3.8倍)だったブラックシェルと、キャリア2戦だったアダムスピークのみ。


つまり、キャリア3戦以上でOP、重賞勝ちがある1番人気は、

(5-0-0-0)

と負け知らず。


もはや偶然ではすまない(笑)



前売りの段階でコディーノが1番人気だが、今年の「社台のエース」はエピファネイアだろう。

キャリア3戦の重賞ウィナー、これまでの傾向から勝つ可能性が相当高い。


ノーザンF生産でキャロットF所有は昨年のアダムスピークと同じだが、2年連続の「失態」は許されない。


弥生賞で強調できる「早生まれ」、名牝シーザリオ産駒という超良血馬。

あえて言えば鞍上は乗り慣れてる福永がよかったが問題ないだろう。


【2013/03/03 15:19】 | 競馬
トラックバック(0) |
中山 3R

本命
13番タマモマイヒメ

3連複フォーメーション

1頭目13
2頭目3,7,9
3頭目1,6,7,9,11,12,15



【2013/03/02 09:44】 | 競馬
トラックバック(0) |
高松記念の前哨戦、オーシャンSであるが、過去5年間で見ると内枠有利の傾向がある。

1枠~3枠で(4、3、1、28) 6枠~8枠が(1,1,4,30)となっている。

内枠の1番人気~4番人気に該当する馬は、1着になる可能性が非常に高い。 




にほんブログ村競馬ブログへ" /></a><br /><a href=


【2013/03/02 02:18】 | 競馬
トラックバック(0) |