皆さん、今晩は。


今夜はどうお過ごしでしょうか。どういうふうに年を越すのでしょうか。色々な想いを胸に年を越されるのだと思います。

私は今、船の中に居ます。大阪在住でありますが、今長崎に向かっています。今日の朝に実の母親が亡くなりました。最後のお別れに行く途中です。船の中で年を越すのはさすがに初めてですがそれも悪くありません。意外にも船が満席なのには少し驚きましたが、こういう年越しもあるのだという事が新鮮に思えています。一時の長旅を楽しみたいとおもいます。



良いお年を



【2012/12/31 21:04】 | 競馬
トラックバック(0) |

ピサノボンバイエ:牡

父ジャングルポケット
母ホワイトペッパー

厩舎:角田(栗東)

馬主:市川義美

生産:社台ファーム


祖母のレッドチリペッパーは重賞2勝を挙げていた。NHKマイルCでも3着に入った。


京都2日目の芝2000mでデビューの予定、鞍上はC.ルメール騎手の予定です。



【2012/12/30 23:05】 | 競馬
トラックバック(0) |
続いて阪神から

クーファゲルニカ:牝

父ディープインパクト
母エポカブラヴァ

厩舎:佐々晶(栗東)

馬主:大迫久美子

生産:ノーザンファーム

母の父であるポイントギヴンは、サンダーガルチ産駒で米GI6勝を挙げたツワモノ。1つ上の全姉エアカリナンは新馬勝ち。


京都1日目の芝1600mでデビューの予定、鞍上は幸英明騎手の予定です。



【2012/12/30 23:03】 | 競馬
トラックバック(0) |

サウスマキシム:牡

父サウスヴィグラス
母サウスライズ

厩舎:高橋祥(美浦)

馬主:南波嘉

生産:武田修一


全兄に、現役で4勝を挙げているサザンスターディーがいる。


中山1日目のダート1200mでデビューの予定、鞍上は柴田善臣騎手の予定です。



【2012/12/30 23:00】 | 競馬
トラックバック(0) |
まずは中山から


ラッキーマイラブ:牝

父フジキセキ
母ステファニーチャン

厩舎:鈴木康(美浦)

馬主:ターフスポート

生産:酒井牧場


母は持ち前のスピードを武器に芝の1200m戦で活躍していた。半兄に、新潟2歳Sで2着したツクバホクトオーが居る。


中山1日目または5日目のダート1200mでデビューの予定、鞍上は横山典弘騎手の予定です。



【2012/12/30 22:59】 | 競馬
トラックバック(0) |
小島太厩舎期待のクラシック候補と言えばダービーフィズ。年末に帰厩し年明けの東京開幕週辺りで復帰予定。1ヶ月先ながら鞍上も既に決まっているらしい。



朝日杯FS3着のゴットフリートは、一旦リフレッシュ放牧に出され、共同通信杯辺りで復帰を予定しているとの事。レース内容から見ると距離延長はプラスか。



阪神Cを連覇したサンカルロの半弟、大久保洋吉厩舎ヘルデンテノールは、順調ならば年明けジュニアCを予定しているが、脚元に不安を残しているのも事実。



最終週の万両賞を快勝したアドマイヤオウジャ。4ヶ月ぶりの実戦も何のその、能力の高さでデビュー2連勝。このあとは京成杯か若駒Sなどを視野に入れているようだ。



【2012/12/30 21:18】 | 競馬
トラックバック(0) |

ラジオNIKKEI杯2歳Sで3着に敗れたキズナは大山ヒルズへ放牧に出された。来年は弥生賞から始動する予定で、

「力負けとは思ってない」

というのが陣営の言葉。今後も目が離せないだろう。



また同レースで6着だった松田博資厩舎期待のラウンドワールドは、出負けして展開が超スローと最悪な競馬だったことは確かだが、それにしても走らな過ぎという見解。やはり馬の状態に一抹の不安が残るか。次走はその状態次第。



新馬戦でキズナの2着の角居厩舎リジェネレーションは、中間山元トレセンに短期放牧に出されていたが、既に帰厩し正月競馬の福寿草特別で復帰予定。前走本命にし的中馬券に貢献してくれた注目の1頭。



最終週に初勝利を挙げたオルフェーヴルの全弟リヤンドファミユ。状態次第で若駒Sへ向かう予定。ディープインパクトをはじめブラックタイド・フサイチジャンクなど、父も含めクラシック候補生を使うお馴染みのレースでもある。




【2012/12/30 21:10】 | 競馬
トラックバック(0) |
今年の東京大賞典は堅い決着でしたね。まあ、当然の結果と言えばそれまでなんですけど(笑)

とりあえず、予想もバッチリ◎▲○の順でなんなく的中!

最後の最後を的中で締めくくれて良かったです。

これで今年の競馬も一段落(地方競馬される方は年末年始も休みなくありますが笑)。


来年は金杯よりスタートです。勿論、東西の金杯を提供しますので乞う御期待。


明日は東西金杯の一部データを公開する予定なので、またみてください。



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします

【2012/12/29 22:54】 | 競馬
トラックバック(0) |
本命馬

ローマンレジェンド



対抗馬

ワンダーアキュート



以下

ハタノヴァンクール

エスポワールシチー

トランセンド


まで


応援クリック宜しくお願いします。




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします

【2012/12/28 20:43】 | 競馬
トラックバック(0) |
1枠 1番 ナムラタイタン 57 太宰啓

2枠 2番 ワンダーアキュート 57 和田竜

3枠 3番 フォーティファイド 57 御神訓

4枠 4番 ハタノヴァンクール 55 内田博

5枠 5番 モエレビクトリー 57 服部茂

5枠 6番 フリオーソ 57 戸崎圭

6枠 7番 エスポワールシチー 57 松岡正

6枠 8番 ローマンレジェンド 57 岩田康

7枠 9番 トランセンド 57 藤田伸

7枠10番 ボンネビルレコード 57 的場文

8枠11番 シャインモーメント 57 森泰斗

8枠12番 ケイアイゲンブ 57 和田譲


※発走は16時30分




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします

【2012/12/28 20:21】 | 競馬
トラックバック(0) |
ルーラーシップ(牡5、角居)が26日付で競走馬登録を抹消した。通算20戦8勝。

重賞は12年クイーンエリザベス2世C(G1)をはじめ5勝。国内G1制覇が期待された今秋は天皇賞、ジャパンC、有馬記念とすべて出遅れが響き、いずれも3着に敗れていた。


父キングカメハメハ、母エアグルーヴの良血で、今後は社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定だ。


【2012/12/28 17:18】 | 競馬
トラックバック(0) |
思えばブログを始めてからはや3ヶ月が経ちます。手探り状態であったその当時を振り返ると少しは成長したのではないかと思っています。ただ、内容に関して言えば納得出来るものではありませんでした。自分だけ買うのであれば気軽に買えるのですが、公開するとなるとそうもいきません。いつもなら締め切り間際に購入する事が多く、オッズの動きなどギリギリまで見るような事もしていました。しかし、そんな時点でブログで公開しても何の意味もないですよね(笑)もし買いたい人がいても間に合うわけないし……そんな感じで公開する時間とかタイミングに難しさを味わった3ヶ月でした。そんな中でもブログを応援してくださった方々には感謝しています。お陰様で拍手回数も累計1万回に達する勢いで来ています。本当に有難うございました。そして、此れからも御贔屓(ごひいき)にしていただけると幸いです。来年からは内容を今以上に充実させ、尚且つ回収率を求めて行きたいと思っていますので期待していて下さい。今年ももうすぐ終わりですが競馬はまだまだ続きます。すぐに競馬はやって来ます。その準備を怠る事なく努力していきますので来年以降も宜しくお願いします。


M2




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします

【2012/12/28 10:49】 | 競馬
トラックバック(0) |
続いて京都から。

条件はダート1200M。

こちらは中山より強烈ななので見つけたら即買い(笑)

先程が前半型ならこちらは後半型。

1月6日目までの京都ダート1200Mに出走、同コース、同騎手で1番人気なら連対率100%!!!




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします

【2012/12/27 22:47】 | 競馬
トラックバック(0) |
新春競馬はスタートダッシュが大事!一年の計は金杯にあり…なぁんて言葉もあるぐらいですからね(笑)


ここでは、そのスタートダッシュを決める為の鉄板とも言えるデータを紹介しましょう。


まずは中山から。

条件はダート1800M。

前走12月のダート1800Mに出走して、2着だった馬が1月前半(出来れば6日目まで)の中山ダート1800Mで1番人気なら

2000年以降
(19-8-1-4)

連対率84%




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします

【2012/12/27 22:32】 | 競馬
トラックバック(0) |
東京大賞典


所属別データ

美浦(0-0-1-6) 

栗東(8-7-9-22)

地方(2-3-0-81)


地方馬で連対した5回は…
2010年2着フリオーソ

2007年2着フリオーソ

2005年1着アジュディミツオー

2004年1着アジュディミツオー

2003年2着コアレスハンター


この3頭のG1実績を見てみると…

フリオーソ

ジャパンダートダービー・1着、JBCクラシック・2着など

アジュディミツオー

JBCクラシック・2着など

コアレスハンター

マイルCS南部杯・2着、JBCクラシック・3着


地方馬はこれぐらいの実績がないと厳しい感じですね。





にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします


【2012/12/26 00:56】 | 競馬
トラックバック(0) |
東京大賞典を予想しましょう。


人気別データ

1番人気 (4-2-1-3)
2番人気 (3-3-2-2)
3番人気 (2-2-2-4)
4番人気 (1-0-2-7)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (0-0-0-10)
7~9人 (0-2-2-26)
10人以下(0-0-0-49)


(1着人気-2着人気-3着人気)
2002年/(1-3-2)
2003年/(2-7-3)
2004年/(3-5-7)
2005年/(4-2-1)
2006年/(5-9-2)
2007年/(1-2-4)
2008年/(2-1-3)
2009年/(2-1-7)
2010年/(1-2-5)
2011年/(1-3-4)


まず、10番人気以下は3着以内に来たことはありません。人気の着人気は人気サイドで決着が多く、近年は更にその傾向が強そうだ。




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします


【2012/12/26 00:52】 | 競馬
トラックバック(0) |
08年の菊花賞(G1)を制したオウケンブルースリ(牡7、音無)の引退を発表した。通算27戦5勝。獲得賞金は5億386万3000円。

今後は北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬となる予定。

同馬は23日、有馬記念に出走し、16頭立ての14着と敗退。これが最後のレースとなりました。

ジャングルポケット産駒の後継馬としていい産駒を出して欲しいですね。




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします


【2012/12/24 20:30】 | 競馬
トラックバック(0) |
本日は諸事情があり新馬戦2鞍のみの公開となりました。


阪神5レース

アウォーディー 4着


中山5レース

ファイアマーシャル 4着



う~ん、なんとも歯がゆい結果となりました。本当にすいませんでした。

しかしながら、この2頭は覚えておいてください。能力の一部は見えたレースでした。未勝利で終わるような馬ではないので、また注目しておいて下さい。




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします


【2012/12/24 20:19】 | 競馬
トラックバック(0) |
阪神5レース


本命馬


アウォーディー:牡

父ジャングルポケット
母Heavenly Romance

松永幹厩舎:(栗東)

馬主:前田幸治

生産:North Hills Management


騎手は武豊



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします


【2012/12/23 23:56】 | 競馬
トラックバック(0) |
中山5レース


本命馬

ファイアマーシャル:牝

父ディープインパクト
母ブッシュファイヤー

国枝厩舎:(美浦)

馬主:社台レースホース
生産:社台ファーム


騎手は蛯名





にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします

【2012/12/23 23:55】 | 競馬
トラックバック(0) |
明日の阪神カップの推奨穴馬を2頭挙げておきます。


1頭目

……オリービン



2頭目

……フィフスペトル




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします


【2012/12/23 19:38】 | 競馬
トラックバック(0) |
今年の有馬記念、勝ったのは1番人気のゴールドシップでした。そして2着には臨戦過程が最高で3着率約70%とお伝えした内の1頭オーシャンブルーでした。これで今後、金鯱賞は注意が必要になりましたね。3着にはやはり出遅れた(笑)ルーラーシップでした。しかし、さすが能力は最上位と書いたように自力で3着を死守しました。そして、本命に指名したスカイディグニティは直線を向いた瞬間は「もらった」と思いましたが伸びきれず5着でした。このメンバーでは少しキツかったかもしれません。本命にしたことを反省する内容でした。しかしながら、予想的には的中に貢献出来たのではないかと思っています。6頭に絞り(トレイルブレイザーはパドックで少し緩かったので買い目には入れていません)尚且つ、馬連はトゥザグローリーを切った5頭で勝負!少数点で的中出来たのではないでしょうか。大勝とはいきませんでしたが、G1最後の2鞍で連勝できたのは来年に繋がるでしょう。明日は最終日、的中で締めくくりたいと思います。応援宜しくお願いします。



【2012/12/23 17:52】 | 競馬
トラックバック(0) |
今年最後という事でWIN5を予想してみます。一応真剣考えたので当たるかもよ~(笑)


中山8レース

10、12、13


阪神9レース

1、9、11


中山9レース

7、11、12


阪神10レース

7、12、14、16


中山10レース
有馬記念

3、6、13



もう一度言います。当たるかも(笑)



【2012/12/23 12:50】 | 競馬
トラックバック(0) |
3連単2頭軸マルチ

3-13から

6、7、8、9、11


馬連フォーメーション

3、6、13から

3、6、7、9、13



8番トレイルブレイザーはパドック次第。非根幹距離適性はあるので3着候補ではある。



最後は的中で締めくくりましょう。



【2012/12/23 12:43】 | 競馬
トラックバック(0) |
最後に気になるが買い目に入れない予定の馬を挙げておく。


エイシンフラッシュ。

去年は対抗馬に指名したが今年は無印。今年の臨戦過程が断然悪い。鞍上デムーロで更に人気先行。


ダークシャドウ。

距離は少し長いか。しかし、それよりも季節適性に問題あり。ダンスインザダーク産駒はこの時期の中山は走らない。



ナカヤマナイト。


実は枠順によってはダイワファルコンより上位評価であったが痛恨の大外。4歳馬であり侮れないが大外からまくってくるだけのスタミナに疑問。

以上、買い目は後ほど公開。




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします

【2012/12/23 11:05】 | 競馬
トラックバック(0) |
続いてはダイワファルコン。

ブログの内容からこの馬を出さない訳にはいかない(笑)冗談は抜きにして、この馬の中山適性、非根幹距離適性は侮れない。母父SSも要注意。



次にトゥザグローリー。

2年連続好走は適性を示す以外なにものでもない。季節適性を含めG1で好走するのはこの舞台だけと言っても言い過ぎではないかもしれない。3年連続は厳しいかもしれないが、母父SSは見逃せない。




最後にルーラーシップ。
中山2500に適性があるとは思えない。しかし、ジャパンカップでも出遅れながら好走したように能力は最上位である事は間違いない。出遅れなくても勝ちきるイメージはないので取捨に迷うところである。



【2012/12/23 10:45】 | 競馬
トラックバック(0) |
それでは、ここから上位評価の馬を簡単に紹介する。



対抗馬はなんといってもゴールドシップ。

それこそ本命馬の先着馬でありG12勝。ロングスパート合戦も菊花賞を見ても望むところ。対抗にしたのは小回り適性のノーザンテーストが無いこと。ステイゴールド産駒はかなりいい。




次にオーシャンブルー。こちらもステイゴールド産駒。そして、今年の4歳勢では1番手。臨戦過程も穴馬候補としてはドンピシャ。金鯱賞が有馬記念の前哨戦に定着する内容の走りを見せつけるかは鞍上ルメールにかかっている!?



【2012/12/23 10:41】 | 競馬
トラックバック(0) |
おはよう御座います。

とうとうこの日が来ました。

今年最後のG1有馬記念。

最高の結果が残せる様努力してきました。

今までの検証をまとめていきます。



本命馬 スカイディグニティ


週中では3、4番手の評価でしたが、今の馬場状態がかなりのスタミナ、パワーを要するという事もあり血統面からこの馬を本命にします。こういう馬場状態で力を発揮するのがなんといってもリボーの血。今回は先行勢が多くロングスパート合戦になりそうな所も良く、更に小回りに欠かせないノーザンテースト内包。そして、再飛躍を遂げつつあるブライアンズタイム。以前はSS系ではなくロベルト系が強かった有馬記念。今回はそれに酷似しているように思える。最後に新社台系馬主、G1レーシング。今年の活躍は目覚ましく、G1制覇は目前。




【2012/12/23 10:28】 | 競馬
トラックバック(0) |
最後に、今年を見てみると、


4歳最強オルフェーヴルが回避した。


出走してきた4歳馬はルルーシュ、ナカヤマナイト、オーシャンブルー。

ドリームジャーニーが勝った09年とはいかないまでも、明らかに4歳馬の層が薄い。

5歳以上馬が勝ち切るのは相当困難と言える有馬記念だが、今年は例年に比べるとチャンスはありそうだ。


しかし成長期にある3歳馬ゴールドシップの存在、55キロで出走できる同馬は強力である。


以上、今年最後のG1有馬記念の展望でした。明日は買い目を公開します。


また新馬戦や未勝利戦の本命馬にもご注目。


それでは明日。






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↑↑
クリックお願いします

【2012/12/22 23:04】 | 競馬
トラックバック(0) |
「5歳以上馬の斤量増」について1つはっきりしていることは、

JRAは有馬記念を高齢馬に獲らせたくはないのだ。

それが2001年の斤量の変更に繋がっているという事。


翌年の競馬界の主役となりえる、
若い馬に勝ってもらいたいと考えている。

つまり3歳馬か4歳馬に、
暮れの大一番有馬記念を獲って欲しいのだ。

マイルCS、JCダートの3歳馬の斤量は「56キロ」に増量したが、
有馬記念は「55キロ」のままというのはどう考えても不自然である。


JRAはレースによって、勝たせたい世代というのが違うというのがわかる。



【2012/12/22 22:58】 | 競馬
トラックバック(0) |